ザイバンの副作用報告

ザイバンという薬によって、苦労せず禁煙できるという研究結果が出ています。
しかし、ザイバンには副作用がある可能性が高く、日本ではまだ許可されていません。
ザイバン 副作用にどんなものが挙げられるのでしょう。

副作用報告によると

【第一】
興奮状態に陥り、睡眠障害を起こす副作用が挙げられます。
ザイバンには、脳を興奮させる作用があるのです。

【第二】
人によっては、食欲不振や吐き気を催す可能性があるとされています。
ただし、この副作用が現れる人は少なく、現れたとしても重大な健康被害につながることはなく、副作用の程度は弱いということです。

【第三】
動悸が挙げられます。
動悸といっても、軽度なものがほとんどであり、呼吸困難にまでなることは滅多になく、なんとなく胸のあたりに違和感を覚える程度です。

こうした副作用は、ザイバンを服用してから2週間くらい続きますが、徐々に治まっていきます。
ザイバンの副作用は一時的なものであり、しかも、強いものではないため、日本でも薬として認められるのではないかと、専門家は話しています。

どんな薬にも副作用はありますから、用法、容量を誤らず、医師や薬剤師のアドバイスを聞きながら服用する分には問題のない薬です。
日本の安全性基準をクリアするまで、しばらく時間がかかる見込みですが、許可されたあとは、一般的な禁煙薬として流通する見込みです。

諸外国では、ザイバンによる顕著な禁煙効果が報告されており、ザイバンは、禁煙に苦しむ患者にとって、救世主となる薬です。
ニコチン依存性を治癒するうえで、いろんな薬がありますが、中でも副作用が弱い薬とされています。
専門家は、日本でも早く認可され、医師によって処方できるようにすべきであると意見を述べています。

▼ザイバンと同じくこちらも禁煙治療薬です
チャンピックス(バレニクリン)通販