雀荘でも吸えないタバコを止められるならザイバン

タバコに含まれているニコチンは、脳内のアセチルコリン受容体と結合することにより快楽物質のドーパミンを放出します。このために、一時的に心地よい気分となり、リラックスした状態となります。この作用は、統合失調症の人にとっては非常に魅力的で、不安定な精神状態を落ち着かせる効果が期待できます。

しかし、ニコチンが排出されだすと状況は一変します。アセチルコリン受容体が空っぽになってしまうので、ニコチンを要求するためにノルアドレナリンという物質が分泌されます。この物質は、非常に不快な精神状態にするのが特徴であり、タバコを吸いたくてたまらなくなります。この様な状態が、統合失調症率に良い影響を及ぼすことはありません。

また、タバコには多数の発がん物質が含まれており、健康にも深刻な影響を及ぼしてしまいます。さらに、統合失調症率自体を高めてしまう可能性もあります。このために、現在では世界的に禁煙への取り組みが活性化しています。公的な施設のほとんどでタバコが吸えなくなっただけではなく、居酒屋や雀荘でも禁煙というケースも増加しています。雀荘といえばタバコの煙というイメージを持たれがちですが、この様な場所でも許されないというのが現在の社会的な状況です。

その中で、ザイバンはアメリカでは禁煙の有力な方法の一つとして使用されている内服薬であり、うつ病や統合失調症の治療薬としても効果を発揮します。ザイバンの具体的な作用は、ドーパミンとノルアドレナリンの吸収を阻害するという内容です。つまり、ザイバンを服用することで、タバコによる気持ち良さや禁煙による苦痛が軽くなるということです。この治療薬を使用することにより、統合失調症率も改善される可能性がありますが、日本では承認されていません。ただし、個人輸入では購入できます。雀荘でも吸えないという現代に対応するためには、この治療薬を用いての禁煙を実施することは非常に有効です。