岡山での、企業売上

岡山県の近くには、となりに兵庫、広島その隣には大阪と大都市や有名な観光地があります。それにともなって、岡山県の企業は観光地としての色を出すことがとても難しく、地域に根差した企業方針を打ち出していかなければ、企業の売り上げは、伸びていかないはずです。下の香川県みたいにうどんというとても強力な観光客を引き寄せる武器があれば観光客を誘致できますが、なにがあると聞かれれば、もも太郎、きび団子、ぶどう、マスカット、桃、ままかりといったインパクトがある名産品が見当たりません。企業の売上を上げるためには、地域に根ざした商品の開発や地域の人たちに喜ばれるお店の展開と連動して、ほかの県に負けないような名産品を新しく開発していくことが、これから先とても重要になってくるんではないでしょうか。たとえば、東京バナナという東京のお土産ですが、東京はバナナが有名かと問われるとそんなことまったくないですよね。といった、そこの土地が有名ではなくても、有名にしていく企業努力が必要だと思います。