介護における地域差について

介護はその地域の行政がどれだけその取り組みに熱心なのかでも変わってきます。行政側が熱心であれば、予算を多くとって施策を充実させる手段もとれますから、その地域に住む高齢者も安心して居住することができます。しかし、行政側があまり熱心ではなく高齢者に対する福祉も決められたことだけをする地域だと、国の決めたとおりにするだけの行政になるために、そこに住んでも他の地域に住んでも高齢者にとって特段変わり映えはしないでしょう。高齢者福祉だけに限らず障害者、難病者に対する福祉に積極的な地域と、そうでない地域との差が徐々に問題になってきています。今後、その差は広がるばかりで、福祉を受ける住民側に不公平感が生まれる可能性も出てきます。岡山のように政令指定都市があるなど比較的大きい県であれば、こうした福祉施策にも重点を置く視野がトップにあればもっとよい地域になる可能性はありますが、残念ながら今の知事などにはそうした考えはなさそうです。