医薬品の用法容量の決め方

医薬品の用法容量の決め方

医薬品はケガや病気の治療、予防等に必要なものですが、使用する際には決められた用法容量というものがあります。 薬とは皮膚・神経・内臓・血液など人体各部に何らかの変化をもたらすものですから、適切な量を適切な方法で使用しないと…


医薬品が効かなくても用法容量以上の服用はダメ

医薬品を飲んでも効かないと感じた場合、定められている用法容量以上の量を飲む人がいますがこれは危険な行為です。 医薬品は治療効果や安全性を考えて飲む量やいつ飲んだら良いかなどが細かく定められています。 用法容量以上を飲むと…


禁煙治療薬の副作用はほとんど初期だけ

禁煙治療薬の副作用は初期だけ気を付ける事でずいぶんと楽に禁煙に取り組む事が出来ます。 しかし初期の症状はかなり激しい吐き気が来たりする事から、禁煙を諦めようと考える人も少なく無い様です。 そう言った所からもやはり禁煙治療…